2018.03.08

レポート

エンタス(カフェバー&ギャラリー)~私の好きなお店のなりわい vol.001~

エンタス(カフェバー&ギャラリー)~私の好きなお店のなりわい vol.001~

エンタス
三ノ宮高架下にあるカフェ、バー&ギャラリー。英語だけで過ごす”English bar”や、旅好きが集まる”たびのみ”など毎月様々なイベントも開催されている。
<Data>
Lunch&Cafe 12:00~16:00 Dinner&Bar 18:00~終電
Tel&Fax 078-334-1166    E-mail contact@entas.info
Web  http://www.entas.info
Add  〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通2-31-49
※ランチ営業は4月より金、土、日曜日のみになります。

きっかけとつながりを提供できるお店でありたい。小さなカフェバーがあなたの人生を変えるかも…

文:やすかわのりこ

月曜の朝、三宮高架下にあるエンタスの扉は木製で、
店内の様子が見えないから開ける瞬間ドキドキする。

中に入ると窓から差し込む自然光がとても柔らかで、
コーヒーの香りを吸い込むと肩の力が抜けた。
運ばれてきた「おむすび」をほおばりながら、店内を見回すと、
カウンターの背には豊富な種類のお酒の瓶と、壁にはアーティストの作品が飾られている。
黒板の食事メニューの隣にイベントメニューが並んでいるから、注文したい衝動にかられる。

カズさんとお会いするのは二度目で、その時もよく笑って、よく考えて話す方だった。
その言葉は、手品師の呪文みたいで、問題をバフッと消してくれた。

学生時代、船で世界一周を終えてからの事。
「旅の間、沢山の人に出会って、沢山の生き方を知るのがとても好きだったし面白かった。
日本に帰ってから、自己紹介で短所は簡単に言えるのに、長所はなかなか出てこない人が多いと感じました」
でも、旅で出会った人達みたいに今までの出来事で自分を語れれば。
これまで生きてきて何も無いはずない、みんな必ず何かを持ってる。

~誰かの人生のターニングポイントになりうる人間になりたい~
とカズさんは決めた。

なりたい自分があって、それを無理せず長く続けられるもので。
今の自分で出来るものを探したとき、特技の「言葉」を選んで、「相手ありきの会話」というスタイルに決めると、相手が距離感を決められる飲食店はとても合うな。
と思っていたら始めていたエンタス。

~縁を足すからエンタス~
当初はそんな意味じゃなかった。
日々をシンプルに重ねていくうちに、気付けばそこに辿り着いていたなんて。
そんなの聞いたら安心しちゃうよ。自分の心に忠実であれ!

「この場で話した事で自分を認められたり、聞くことでヒントが見つかったり、広がったり、個々が素直で居られる場所であるのは嬉しいけど、更に言うと、お店から一歩踏み出してそれぞれの場所に帰っても、そのままの自分で居てくれてたら、なお嬉しい」

その足跡は、一筆書きのよつ葉の様に。

やすかわ のりこ

Yasukawa Noriko

やすかわのりこ(三木市在住・1973年生まれ)
趣味も特技も特になし。これも、わたしらしさと言おう。笑

ページトップヘ